TOP > スポンサー広告 > ドルスワップ協定の変更とその後の動き

TOP > ニュース > ドルスワップ協定の変更とその後の動き

お勧め国内FX会社
サイバーエージェントFXの口座開設
最大2万円キャッシュバック中
PICK UP
賢者のFX自動売買資産倍増術 ZuluTrade入門
日本唯一のZuluTrade本。
マイZuluTrade三箇条
我々はリスクと共に生きていく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の記事 : ZuluTradeの運用結果報告 12/03
次の記事 : 日本人はFXが好きらしい

このページのトップへ

ドルスワップ協定の変更とその後の動き

11/30の水曜日にいっきにドル安にぶれました。以下のニュースが原因です。

日米欧カナダの中央銀行が国際金融システム支援策を発表。各国中央銀行は現行ドルスワップ協定の金利の引き下げで合意した。
合意は米FRB、ECB(欧州中銀)、BOJ(英中銀)、BOE(日銀)、SNB(スイス中銀)の5ヶ国中銀。なお、現行ドルスワップ協定金利は12月5日から50bp引き下げられる。


本ニュースを好感した結果、リスク回復モードとやらになり、一気に欧州不安が後退。EUR/USDは200pipsを越えるドル安にぶれました。売り目線でしか見ていなかったので、何じゃそれという感じで、かなりびびりました。
 
ドルの供給量と欧州の問題は全く関係ないとは言い切れないのでしょうけど、それにしてもあまり関係ないように思えます。その内戻るだろうと思っていましたけど、金曜の晩にはあっさりほぼ元の水準まで戻りました。

アメリカの雇用統計が良しと判断された影響もあったのでしょうけど、その雇用統計の結果にしても見方を変えれば悪いとも受け取れます。個人的な雑感としては、EURの価格はネタに反応して、貯まっていた売りストップを巻き込んで反発。しかし世界情勢はほとんど変わっていないので、元の位置に戻っただけのように見えます。

今年9/15の頃にもドル流動性供給うんぬんのネタで、リスク選好モードonとやらで一気にドル安にぶれました。が、それも数日で全戻しとなっています。この辺の理屈を真面目に考えると頭がおかしくなりそうですけど、瞬間的には目先の材料に反応するけど、トレンドは変わらずという感じなのでしょうか。

今後も同じ動きをするのかどうかは分りませんけど、ボーナス相場と言える確率が高いかもしれません。覚えておいて損はない値動きのパターンではないでしょうか。日銀の介入同様、必勝のパターンかもしれません。
関連記事

前の記事 : ZuluTradeの運用結果報告 12/03
次の記事 : 日本人はFXが好きらしい

このページのトップへ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
  

[?]
ZuluTradeとは
FX(為替取引)の自動売買環境です。利用料はタダ、簡単に扱えます。 次の記事で詳しく解説してます。
ZuluTradeとは
ZuluTradeデモ口座開設方法
リアル口座開設方法(AAAFX編)
ZuluTrade
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミッカーX

Author:ミッカーX
為替取引(FX)をぼちぼち。今のところの収支はプラスです。自動売買でお金と仕事の両立を図ります。正直、真剣にFXやると会社が辛いです。
詳しくはこちら。>自己紹介

最新コメント
ユーザータグ

ZuluTrade 為替(FX) 取引結果 ニュース 機能の解説 シグナルプロバイダー 分析 口座開設 AAAFX フォロワー 海外投資 書籍 投信 入金 為替基礎知識 システムトレード 株取引 アノマリー FXDD 

ランキング
リンク
このブログをリンクに追加
このブログをブックマークに追加
最近の本レビュー
メールフォーム

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。