TOP > スポンサー広告 > ZuluTradeと性格診断

TOP > ZuluTrade > ZuluTradeと性格診断

お勧め国内FX会社
サイバーエージェントFXの口座開設
最大2万円キャッシュバック中
PICK UP
賢者のFX自動売買資産倍増術 ZuluTrade入門
日本唯一のZuluTrade本。
マイZuluTrade三箇条
我々はリスクと共に生きていく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の記事 : レバレッジ(証拠金率)と強制ロスカット
次の記事 : ZuluTrade Analyzer

このページのトップへ

ZuluTradeと性格診断

ZuluTradeを初めてそろそろ一年が経ちます。FX自動売買取引で楽になるかと思いきや、正直言って自己取引より精神的に辛いことが多々あります。楽になる筈が、楽になっていません。この矛盾は一体何なのだろうか。そんな疑問がずっと頭の中にありました。ここ最近になってようやくはっきりと、理由を説明できるようになりました。

自分の性格に合わないプロバイダーは採用しない。この一言につきるのではないでしょうか。そのシグナルプロバイダーで稼げる稼げないは関係なく、自分にあっていないのは採用するべきではない。そう結論を出しました。

突き詰めていくと、性格に合っていないプロバイダーは信用しきれません。私に取っては最近のFLYが良い例なのですが、どんなに過去のチャートが右肩上がりでも信用しきれないんですよね。そこそこFXをかじっているせいか、-1000pipsのポジションを持ち続けるというのは、かなりありえない状況です。そういう状況下では、段々精神的にきつくなり、結果として更に悪い判断を下してしまう。

相場は必ず元に戻るという前提のもとで、絶対に損切りしないというスタイル。あこがれみたいな物があったのも確かです。我慢すれば必ず儲かるんだ、と。

しかし理屈では分かっても、感情がついていきません。私の中ではFXで損切りをしないのは、ありえないことですから。そこを抑えて我慢するのがZuluTradeのベスト。そんなことを考えながらやってきたのですが、無理なものは無理だと悟りました。

自分にも大きな問題があり、勝ち始めると少しずつロット数を増やしてしまいます。駄目な行動なのは分かっているのですが、ついついやってしまいます。これも自分の性格で、よっぽどのことがない限り正せないでしょう。

自動車の免許を取ると、性格診断判定をします。その人がしそうな危険な運転に対して、事前に警告をするわけですね。悪い結果な部分に対して、そんな事は俺はしないと否定したくもなります。免許を取った当時は、結果に対して反発したものです。

今にして思うと、かなり正しいところをついていたと思うのですよね。馬鹿にしないで真面目に受取り、欠点は欠点と理解した上で注意し、自分の一部として認識するようになりました。

ZuluTrade性格診断占いがあって、幾つかの質問に答えていくと、最後に「あなたにオススメなタイプのシグナルプロバイダーはこちら」と表示する。一見子供だましに見えるかもしれないけど、核心をついているのではないか。そんな事を思った今日この頃です。
関連記事

前の記事 : レバレッジ(証拠金率)と強制ロスカット
次の記事 : ZuluTrade Analyzer

このページのトップへ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
  

[?]
ZuluTradeとは
FX(為替取引)の自動売買環境です。利用料はタダ、簡単に扱えます。 次の記事で詳しく解説してます。
ZuluTradeとは
ZuluTradeデモ口座開設方法
リアル口座開設方法(AAAFX編)
ZuluTrade
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミッカーX

Author:ミッカーX
為替取引(FX)をぼちぼち。今のところの収支はプラスです。自動売買でお金と仕事の両立を図ります。正直、真剣にFXやると会社が辛いです。
詳しくはこちら。>自己紹介

最新コメント
ユーザータグ

ZuluTrade 為替(FX) 取引結果 ニュース 機能の解説 シグナルプロバイダー 分析 口座開設 AAAFX フォロワー 海外投資 書籍 投信 入金 為替基礎知識 システムトレード 株取引 アノマリー FXDD 

ランキング
リンク
このブログをリンクに追加
このブログをブックマークに追加
最近の本レビュー
メールフォーム

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。