TOP > 投信

表示中の記事タイトル
--/--:
02/23:投信ブロガーが選んだベスト投信
02/10:エジプト混乱投信解約停止
01/14:複利の効果の嘘
PICK UP
賢者のFX自動売買資産倍増術 ZuluTrade入門
日本唯一のZuluTrade本。
マイZuluTrade三箇条
我々はリスクと共に生きていく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このページのトップへ

投信ブロガーが選んだベスト投信

日経より。以下、投信系ブロガー59人が選んだ投信だそうです。最近はよく目にするのが多いかな。玄人は手数料が低めな商品に長期&積み立て投資ってことでしょうか。

1,STAMグローバル株式インデックス・オープン
2,eMAXIS新興国株式インデックス
3,バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
4,eMAXIS全世界株式インデックス
5,CMAM外国株式インデックスe

6,STAM新興国株式インデックス・オープン
7,セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
8,上場インデックスファンド海外先進国株式
9,バンガード・エマージング・マーケットETF
10,結い2101

長期で投資したからと言って必ず儲かるという保証はありませんが、時間を味方に付ければ勝てる確率が上がるのも確かです。世の中のお金の総量は増えるようになっていますので。

アクティブ型は不人気のようですが、分からないでもありません。アクティブ型だからと言って儲かる保証はありませんし、下落するのも人並み以上に早かったりしますからね。上げ相場でも下げ相場でも儲けてくれるのなら投資したいところですが、それはヘッジファンドだろうって話なのでしょう。平均的にアクティブはインデックスに対してパフォーマンスが落ちるようですし、長期という選択肢はないのかもしれません。

今持っている投信を処分したら、上記のような商品に毎月積み立てしたいものです。
スポンサーサイト


このページのトップへ

エジプト混乱投信解約停止

日経より。為替に影響があるような、ないような感じなので放置していたのですが、一度ぐらいはエジプトについて触れておきます。

エジプトが反政府デモでどえらいことになっているのは周知の事実です。エジプトの株価下落&証券取引所の停止となり、その余波は日本国内で販売されている投信にまで及んでいるようで、一部では解約停止に追い込まれたそうです。新興国はこういう不測の事態があるから怖い。

株価は2割近く減っているので、これは投信の基準価格も2割は減っているかと思いましたが、確認してみると大体10%前後のマイナスで落ち着いているようです。エジプトへの配分が100%なヒューミント株式オープンがその程度でしたので、なかなか健闘しているようにも思えます。半値ぐらいになっていたら、買ってみようかと思ったのですが。>ヒューミント・エジプト株式オープンチャート

しかしこうやって見てみますと、新興国投資もピンキリです。もの凄く上がっている国もありますが、エジプトなんてのはここ数年全くいいところがありません。私らが普段目にするのは、上がっている商品です。別の言い方をすると、目に入るものは売れそうな商品です。今後上がるかどうかは別なので、注意する必要があるかと思います。

そういう意味ではエジプトに関しては、もう少し下げたら買い時のようにも見えますが、FXに慣れてしまった自分には、初期の手数料が高めに感じられます。更に下がるリスクもあります。しかし長いこと持っていれば何とかなってしまいそうな気がするのが、新興国のいいところでもあります。蛇足ですが、私の3年前ぐらいに買った投信も、何とかプラスで処分したいものです。

このページのトップへ

複利の効果の嘘

私のこの言葉が凄く嫌いです。いや、この言葉そのものを否定する気はありません。ただ明らかに故意に間違った使い方をしている例が多いからです。

「72の法則」、これは有名な言葉だと思います。元金を2倍する年数を簡単に求められる法則です。72/年利=元金が2倍になる年数となります。仮に年6%増えるとするなら、72/6=12年で2倍になる計算です。

余談ですが、一昔の前の郵貯の定期利息はこれぐらい、いや10%近くあった記憶もあります。そんな時代であれば、10年前後で倍になるのはごく普通の話でした。

話を戻しまして、単利6%で12年を運用するケースを計算する場合、6% x 12年で72%増と考えます。毎年、一定額を定期に回し、利息分は運用しないパターンです。

利息をきちんと次の運用に回す複利運用なら、12年後には単利に比べて28%の違いが出る。これが複利の効果です。長期になればなる程この差は開いていきますので、若い頃から投資活動をすることを推奨する際に、複利の効果が使われることが多いです。もっともな話です。

が、ちょっと待って下さい。この複利の話は、毎年6%確実に増える事が前提です。定期預金でこの例を出すのなら構いません。元本割れする可能性がある商品で複利の効果、別の言い方をするのなら塩漬けを推奨するのは全くおかしな話です。

長期で積み立てをする場合であれば、何があってもホールドというのはそれなりに理にかなっています。下がった時は買い時と考え、積み上げて積み上げて、儲かったところで決済すればいいからです。しかしまとまった金額があって、それを長期で運用しようとした場合、定期預金なら放置すればいいです。が、そうでない場合はきちんと利益を確定していく必要があります。

複利の効果は元本保証商品、もしくは少額の長期積み立ての場合において効果を発します。しかしまとまった金額で元本保証なし商品を一括購入する場合、複利の効果うんぬんは全く的外れではないでしょうか。

元本割れの可能性ある投資商品やFXを引き合いに出して、毎年○%増え続けると20年後にはなんと億を超えます的な記事を見ると、誰が毎年○%増えることを保証するのか、と問いただしたくなります。FXで毎年10%以上を増やせる腕があるのなら、そもそも複利うんぬん関係なく十分やっていけるでしょう。儲けた金額は何かあったときのためにプールしておくぐらいが、丁度いいのではないでしょうか。

投信の場合、分配金があると投資効率が悪いと言われる事があります。確かに積み立てている際に現金化されるのは非効率ですが、最初に一定額を入れる場合は異なります。黙っていても現金に戻してくれる、いわゆるリバランスの効果はかなり重要と考えています。自分で現金化すればいいでしょうという意見もあるかと思いますが、自動的にやってくれる仕組みこそが初心者にとって大事です。

投資において複利の効果は大事な考えの1つです。しかしそれは特定の条件下で通じるものではないでしょうか。

『複利の効果の嘘』の続きを読む



このページのトップへ
  

[?]
ZuluTradeとは
FX(為替取引)の自動売買環境です。利用料はタダ、簡単に扱えます。 次の記事で詳しく解説してます。
ZuluTradeとは
ZuluTradeデモ口座開設方法
リアル口座開設方法(AAAFX編)
ZuluTrade
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ミッカーX

Author:ミッカーX
為替取引(FX)をぼちぼち。今のところの収支はプラスです。自動売買でお金と仕事の両立を図ります。正直、真剣にFXやると会社が辛いです。
詳しくはこちら。>自己紹介

最新コメント
ユーザータグ

ZuluTrade 為替(FX) 取引結果 ニュース 機能の解説 シグナルプロバイダー 分析 口座開設 AAAFX フォロワー 海外投資 書籍 投信 入金 為替基礎知識 システムトレード 株取引 アノマリー FXDD 

ランキング
リンク
このブログをリンクに追加
このブログをブックマークに追加
最近の本レビュー
メールフォーム

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。